キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 利回りとは何かしっかり理解しておこう : 建築費ガイド!アパート編

建築費ガイド!アパート編

利回りとは何かしっかり理解しておこう

サイトマップ

建築費ガイド!アパート編のメイン画像

アパート経営で必ず出てくるのが利回りです。支払った建築費に対し、1年に回収できる割合を表すものです。

利回りとは何かしっかり理解しておこう

アパート経営を考えた時、誰もが利回りについて注目するはずです。

せっかくアパート経営をするのなら利益を少しでも多く上げたいと思うものです。

よく耳にする利回りとは何か、きちんと理解しておくと話はスムーズに進みます。

【利回りというのは何か】

アパートやマンション経営をする人向けに、この物件なら利回りは〇〇%などというような数字の表記があります。

利回りというのは、支払った建築費に対して1年間で回収できる割合のことを言います。

例えば、建築費が8000万円、家賃が6万円、15戸のアパートとします。

1年間に回収できるのは、60000×15戸×12か月で1080万円、1080万円÷8000万円×100で13.5になります。

このアパートの利回りは13.5%となるのです。

【表面利回りと実質利回り】

先ほどの例で計算した利回りは、必要経費などを一切考慮せずに出しています。

こうして出した利回りは、表面利回りと言います。

必要経費などを考慮して出したものを実質利回りと言います。

不動産会社のチラシや提案資料に記載されてある利回りは、表面利回りです。

経費を一切考慮していないので、実際の利回りは表面利回りを必ず下回るので注意してください。

表面利回りは、ざっと大まかな収益を把握するために利用されることが多いです。

【表面利回りを真に受けない】

表面利回りは、だいたいどれくらいの収益があるのかを知るために使います。

ですから不動産屋などで、利回りは〇〇%ですから良いですよという話があってもこれは表面利回りですから、実際はもっと少なくなる可能性があると考えておきましょう。

きちんと収益を出したいなら実質利回りで計算しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム