キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 アパート経営で失敗しないために : 建築費ガイド!アパート編

建築費ガイド!アパート編

アパート経営で失敗しないために

サイトマップ

建築費ガイド!アパート編のメイン画像

アパート経営を失敗しないためのポイントです。建築費等がかかっても、新築で始めた方が当面の修繕費等がかからないのでおすすめです。

アパート経営で失敗しないために

アパート経営は、現在の仕事を続けながらでも副業として家賃収入が得られます。

サラリーマンをしながらアパート経営をしている人も実際にいて、家賃収入を得ている人もいます。

しかし、アパート経営を始めたけれども失敗してしまったという例もあるのが事実です。

せっかく始めたアパート経営を失敗しないために知っておきたいことをまとめました。

【良い物件を持つこと】

アパート経営は、そこに住んでくれる人がいないと成り立ちません。

高い建築費をかけて建てたけれども空室が多い、年数が経過すればそれだけ劣化するので他の経費がかかってしまい、赤字だということだけは避けたいものです。

一番は空室率が低い物件を持つことです。

交通の便が良いところである(駅から徒歩10分以内)、周辺環境が良い(病院や学校、スーパーが近い、治安が良い)などといったところは空室が出にくいです。

◆参考までに・・・http://www.seikatsu-guide.com/area_national_rank/

【アパート経営初心者は新築物件がおすすめ】

アパート経営初心者や、副業で始めるという人は新築の物件を購入するか、新築して始める方が良いです。

建築費などの初期費用は高くなりますが、中古物件よりも修繕費がかなり抑えられます。

中古物件でもこまめなメンテナンスをしていれば良いのですが、それにはやはり経験や時間がないと難しいです。

新築物件だと当面修繕費等はかかりませんのでおすすめです。

【修繕費は積み立てておくこと】

新築時は不要でも、何年も経過すると必ず修繕費は発生します。

どのくらいかかるのかはその時になってみないとわかりません。

その時に慌てないためにも、家賃収入の5%くらいは修繕費として積み立てていくようにすると良いでしょう。

アパート経営を成功させるためにも、こういった準備はしておきたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム