キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 アパート建築費はどれくらいかかる? : 建築費ガイド!アパート編

建築費ガイド!アパート編

アパート建築費はどれくらいかかる?

サイトマップ

建築費ガイド!アパート編のメイン画像

アパートの建築費の相場についてです。建物の構造によって相場には差がありますので、それぞれの特徴を知り、選ぶようにしましょう。

アパート建築費はどれくらいかかる?

アパート経営を始めるにあたり、物件を新築することになったら建築費はどれくらいかかるものなのでしょう。

建物の大きさや構造によって変わってくるでしょうが、だいたいの相場を知っておくと目安になります。

【建築費の計算方法】

アパートを建築する時に気になるのが建築費です。

大まかな金額でもわかれば計画が立てやすいですね。

大まかな建築費を出す計算式を覚えておきましょう。

それは、「坪単価×延床面積」です。

坪単価というのは、建物の床面積1坪あたりの金額で、坪単価の相場は、だいたい40万円から100万円くらいと考えておくと良いでしょう。

この差額は、建物の構造によるものです。

例えば木造なら相場は40万円から60万円、鉄骨造なら50万円から80万円、RC造(鉄筋コンクリート造)なら70万円から100万円となります。

【構造別の特徴】

木造は坪単価が安く、コストを抑えることができます。

そのため、利回りは高くなります。

主に2階建てから3階建ての低層アパートで選ばれることが多いです。

鉄骨造は、軽量鉄骨と重量鉄骨に分けられ、4階までのアパートなら軽量鉄骨が選ばれます。

建築資材を工場で作って現場で組み立てるので工期が早いのが特徴です。

RC造は耐久性が高く、中層から高層マンションに多く使われるのですが、低層にも使われます。

建築費が高いですが、その分丈夫なので修繕費がかからないのが特徴です。

【アパートなら木造か鉄骨造】

低層のアパート建築を検討しているのであれば、木造か鉄骨造の軽量鉄骨がよく選ばれているようです。

建築費や利回りをよく考えて、一番良いものを選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム