Archive for 目立つのぼり・効果的なのぼり

オリジナルののぼりでないと“旗としての価値”はありませんか?

のぼりは道行く人の足を止めるほどに目立ち、店内やイベントに誘い込むことが第1の使命であり役割です。

また価値もそこにあります。

オリジナリティは重要ではありません。

●のぼりの使命は目立って集客につなげること。

のぼり旗の価値ということとオリジナルの価値は、本来的に別々のものなので、『オリジナルのぼりでないと“旗としての価値”はないのか』という問いには、それ自体に疑問を感じてしまいます。

まずのぼり旗の使命・役割は、「目立ってお客様を誘引すること」にあります。

そう考えるとオリジナルかどうかなど、二の次の問題です。

オリジナルではあっても「集客につながっていない=のぼり旗の役割を果たしていない作品」がいっぱいあります。

●オリジナルかどうかでのぼりの価値は決まらない。

広告とか宣伝とか販売促進物というものは、注目してもらってそれが売上に直結して初めて役割を果たしたことになります。

オリジナルかどうかなど重要ではありません。

こだわるのであれば、タイトルやキャッチフレーズが、言い得ている表現なのか、この色使いはターゲットにあっているかなど、表現の基本を大事にすべきです。

▽PickUp…神戸新聞NEXT|三木|梅の花見シーズン到来、のぼりでPR 三木近くの雌岡山

●既製のぼりは表現上のオリジナリティは希薄ですが、“目立ってのぼりの役割を果たす”という意味では絶大です。

オリジナルデザインのぼりだからといって、好きなことを好きなように描けば良いと思っていたら集客できません。

レストランは閑古鳥、イベントは大赤字で終わってしまうでしょう。

オリジナルを主張したり自慢したりする人ほど本質がわかっていないものです。

既製のぼりのほうがはるかに効果的と思われる事例がけっこうあるものです。