Archive for 目立つのぼり・効果的なのぼり

飲食店経営者です。のぼりのデザインが苦手なのですが?

のぼりは“オリジナルデザインでなければ”ということはありません。

既製品も活用でき、思いつく範囲で要望書に書き込めばそれでデザインはやってくれたりもします。

●既製品を使ってもOK。

一任してもOK。

のぼり旗には、「既製デザインのぼり」と「オリジナルデザインのぼり」の2種類があり、オリジナルデザインが苦手な人や面倒な人、あるいはイベントなどで大量にのぼりが必要な人は、その既製のぼりを発注して使います。

必ずしもオリジナルデザインののぼりである必要はありません。

また、スケッチやサムネイルで、“こんな感じ”という要望を伝えることができれば、デザイン的なことはのぼり店でやってくれます。

●基本的な要望は文章で書き込むだけ。

のぼり旗店には、オーダーのための申込用フォームが用意されています。

ネットで申込むとき、その要望書に作って欲しいのぼりの概略を書きましょう。

①セールやイベント、レストランなどで訴求したいメインタイトル、②飲食店であればのぼりに訴求するメニューのキャッチフレーズ、③価格・期間限定などの表記、④イメージカラーや目立つ色の指定(黄色、赤、緑、オレンジなど)、これらを伝えられれば大丈夫です。

●飲食店は夏であれば寒色系、冬であれば暖色系をメインにして、食欲をそそる表現に徹しましょう。

飲食店は季節感を大事にしましょう。

またこれまでのような春夏秋冬といった季節感とは別に、異常気象による気温・天候の変化にも対応できるよ、2種類ののぼりを作っておいて使い分けるといった工夫も大事になります。

“これしかない1種類ののぼり”では、集客力が落ちることも考えておきましょう。

★集客アイディア⇒https://www.inshokuten.com/foodist/article/5386/