キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 建築費ガイド!アパート編

建築費ガイド!アパート編

建築費と予想される収入を試算しよう

サイトマップ

建築費ガイド!アパート編のメイン画像

アパートを経営するにあたり、メリット、デメリットの両方を理解しておく必要があります。建築費はいくらか、収入はいくらかなど試算しましょう。

建築費と予想される収入を試算しよう

アパート経営をすると、毎月家賃収入があるので借金してもその家賃で返せるといった良い話だけを聞いて自分もやってみようと飛びつく人がいるようです。

しかし、アパート経営にもメリット、デメリットの両方がありますので、それぞれの内容を知った上でよく検討するようにしましょう。

【アパート経営のメリット】

まず、メリットからご紹介しましょう。

メリットはなんといっても家賃という形で毎月収入を得られるところです。

高額なアパートの建築費も、毎月きちんと家賃が入ってくれば返済に頭を悩ませる必要はありません。

そして返済が終了した後も家賃収入は長期的に続くため、安定した利益が見込めます。

また、アパート経営は手持ち資金がそれほどなくても金融機関の融資を得て始めることができるので、比較的手軽に始められます。

ある程度の年齢になってから多額のローンを組むのは不安かもしれませんが、団体信用生命保険に入っていれば万が一住宅ローン契約者が亡くなったり高度障害になったとしてもローンは保険で支払われます。

【アパート経営のデメリット】

良いことばかりではなく、デメリットもあるので理解しておきましょう。

アパートの場合、家賃収入があると言いましたがあくまでも入居者がいれば、です。

空室ができてしまうと家賃収入が得られません。

空室が出ないようにする工夫が必要です。

建物の経年劣化も避けられませんので、修繕費などの費用がかかることを忘れないようにしましょう。

【メリット、デメリットを理解して始めよう】

アパート経営をするには、メリット、デメリットの両方を理解した上で始めるようにしましょう。

最初にかかる建築費やその他の費用と、収入はどれだけ見込めて収支はどうなるのかを最初に試算しておくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム